Graphic artist

​矢入 幸一

アーティストでありデザイナーでもある僕だからこそ⾒える視点があります。
その視点は非常に危ういもので、ちょっと間違えると深みのないアーティストでありエゴスティックなデザイナーになってしまいます。
ただ、アーティストだのデザイナーだの色々と名乗ってはいますが生み出される源は同じなわけで、

僕が生み出しているものが「アート」なのか「デザイン」なのか、はたまた他の何かなのかは見てくれた方が決めてくれればいいわけで、

逆に作った作品を「アート」として、あるいは「デザイン」として見てほしい場合はそれなりの難しさが伴うわけですが、

結局のところ見た人にいいなと思ってもらえる作品を作ることが僕の目標です。